ホームダイエーのおすすめレシピ パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ

ダイエーのおすすめレシピ

パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ

パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ

※写真をクリックすると、大きな画像を見ることができます。

アジアとヨーロッパを結ぶ、トルコの絶品野菜料理

調理時間
30分
カロリー
144kcal
塩分
1.5g

MEMO

夏野菜をおいしく食べられるレシピがトルコ料理には、沢山あります。この料理はその中でも代表的なもので、パトゥルジャン(=ナス) イマム(=僧) バユルドゥ(=目をまわす)と言う意味の名前がついています。高僧がこの料理の匂いをかいだだけで、あまりにおいしそうで目をまわしたと言われています。

※冷やす時間は含みません。

材料

( 2人分 )

なす 4本
トマト 1個
玉ねぎ(あらみじん切り) 1個分
にんにく(みじん切り) 1片分
小さじ1/2
<A>
 水 1/2カップ
 レモン汁 小さじ2
 砂糖 小さじ2
オリーブオイル 適量
パセリ(刻んだもの) 適量

作り方

1 トマトは1cm角に切ってザルに広げ、塩を振り、約10分おいて水気をきる。なすはピーラーなどでストライプ状に4ヵ所皮をむく。フライパンにオリーブオイルをなじませ、なすを入れて蓋をし、途中で返しながら弱火でやわらかくなるまで全面を焼く。

2 別のフライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、香りが出たら玉ねぎを入れて炒める。しんなりしたらトマトを加え、形がくずれるまでさらに炒める。

3 なすの皮をむいた部分にタテに切れ目を入れ、2)を詰める。Aを加えて煮立て、蓋をして弱火で煮汁が1/3量になるまで煮詰める。火を止めてあら熱を取り、冷蔵室で冷やす。

4 器に盛り、パセリを散らす。

栄養価

文部科学省編<日本食品標準成分表2010>による

( 1人当り )

エネルギー(kcal) 144 たんぱく質(g) 3.7 脂質(g) 4.4
炭水化物(g) 25.4 食物繊維(g) 6.3 カリウム(mg) 707
カルシウム(mg) 60 マグネシウム(mg) 46 鉄(mg) 1.0
食塩相当量(g) 1.5 レチノール当量(μg) 54 ビタミンD(μg) 0.0
ビタミンE(mg) 1.6 ビタミンB1(mg) 0.16 ビタミンB2(mg) 0.11
ビタミンC(mg) 30 コレステロール(mg) 3