ホームダイエーのおすすめレシピ 牛丼

ダイエーのおすすめレシピ

牛丼

牛丼

温泉卵でまろやか牛丼のできあがり。

調理時間
25分
カロリー
603kcal
塩分
1.5g

MEMO

冷蔵庫にある生卵でも、簡単に温泉卵が作れます。温泉卵を牛丼にのせていますが、卵を崩しながらいただくと、まろやかな味の牛丼になります。また卵は朝にも手軽に扱える食材で、料理のバリエーションも豊富です。朝食でたんぱく源となる食材を欠かさないように、卵を上手に利用しましょう。

材料

( 4人分 )

ご飯 丼4杯分
牛バラ薄切り肉 160g
ごぼう 100g
玉ねぎ 100g
サラダ油 小さじ2
砂糖 大さじ1 1/3
大さじ1 1/3
しょうゆ 大さじ1 3/4
卵(又は市販の温泉卵) 4個
炒りごま 小さじ2
紅生姜 10g
あさつき(小口切り) 5g

作り方

1 空のカップラーメンの容器に卵を殻付きのまま入れ、卵に直接かからないようにして熱湯をたっぷり注ぎ入れ15~25分間(好みに応じて)放置し、温泉卵を作る(又は市販の温泉卵を使う)。

2 牛肉は一口大に切る。

3 ごぼうはささがきにし、水にさらしておく。玉ねぎは薄切りにする。

4 油を熱したフライパンでごぼう、玉ねぎを炒め、牛肉を加えてさらに炒める。

5 火が通ったら砂糖、酒、しょうゆを加えて煮る。

6 丼にご飯を盛り付け、(5)と(1)の温泉卵をのせ、刻んだごま、紅生姜、あさつきをあしらう。

栄養価

文部科学省編<五訂増補食品成分表>による

( 1人当り )

エネルギー(kcal) 603 たんぱく質(g) 17 脂質(g) 25.5
炭水化物(g) 70.6 食物繊維(g) 2.6 カリウム(mg) 347
カルシウム(mg) 70 マグネシウム(mg) 47 鉄(mg) 2.2
食塩相当量(g) 1.5 レチノール当量(μg) 82 ビタミンD(μg) 1.5
ビタミンE(mg) 1.4 ビタミンB1(mg) 0.11 ビタミンB2(mg) 0.31
ビタミンC(mg) 3 コレステロール(mg) 242